足底筋膜炎
(そくていきんまくえん)

足裏には、足底筋膜という腱が、かかとの骨(踵骨)から足指のつけ根の骨にかけて扇状に広がっています。足底筋膜の役割は、体重がかかったときに、弓の弦が張るようにして突っ張り、足部の縦アーチを保つことです。しかし、足底筋膜に負担がかかりすぎると、足底筋膜が踵骨に付く部分(付着部)に小さな断裂が入り、これがかかとの痛みの原因となるのです。昼間歩くことで断裂した足底筋膜は、夜寝ている間は足部に体重がかからないので、安静に保たれて修復されます。しかし、翌朝に立ち上がって歩き出したときには、体重がかかるので再び足底筋膜の付着部が断裂し、激痛が走るのです。断裂した足底筋膜は、就寝中に修復されるといっても完全につながるわけではありません。治りかけの傷のような仮止めの状態なので、体重がかかっただけで簡単に断裂してしまうのです。これが、歩きだしの一歩でかかとに激痛が走るしくみです。しばらく歩いていると痛みは軽くなりますが、決して断裂が改善したわけではありません。

診断
「朝起きた後の第一歩でかかとに激痛が走る」「長時間座ったあとの一歩目でかかとが痛む」といった症状が特徴的です。足底筋膜炎の方のレントゲンを撮ると、踵骨にトゲのような突起(骨棘)が見えることがあります。これは足底筋膜の踵骨への付着部が断裂と修復を繰り返したために、骨が反応してできたものです。骨棘自体は痛みの原因ではないので、骨棘があるからといって、痛みが治らないわけではありません。
治療
足底筋膜炎の痛みを改善するには、まず、歩きすぎや立ちすぎといった足の酷使を控え、太りすぎている場合は、炭水化物を控え、タンパク質を十分に摂るといった生活習慣を見直してみてください。足底筋膜炎を改善するためには、足部の内側縦アーチを保ち、足底筋膜に負担をかけないことが重要です。インソールの土踏まず部分を盛り上げて、内側縦アーチを支えます。
ニュース
2020/12/07
院長の書籍「頸椎症を自分で治す!最新版」が主婦の友社から出版されました。
2020/12/04
インフルエンザ予防接種(自費3,000円)を行っております。
2020/09/12
院長の記事「治らないってあきらめないで!腰痛」がバイラ2020年9月号(集英社)に掲載されました。

おすすめ動画 PICK UP

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
腰痛収録音声

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
ひざ痛収録音声

診療時間のご案内

診察は予約制ではありません。事前に診察希望日時にお名前をネットか電話で登録していただいた方から順番にご案内差し上げております。急患などの状況によっては、お呼びする順番が変わる場合がありますのでご了承ください。
※リハビリと装具は予約制となっております。

診療時間 土・日・祝
08:30

12:00
銅冶
銅冶
銅冶
銅冶
銅冶
休み
榎本 (榎本)
※1
榎本 榎本 榎本
09:00

12:30
  (大川)
※2
     
14:00

17:30
銅冶
榎本 (榎本)
※1
榎本 榎本 榎本
14:00

17:15
(堀江)
※3
   

※1:第1,2,4,5火曜日8:30-12:00、14:00-17:30 榎本医師 (第3火曜日8:30-12:00、14:00-17:30は休診)
※2:第4火曜日9:00-12:30のみ 大川教授(東京医科歯科大学)
※3:毎週水曜日 14:00-17:15 堀江医師(杏雲堂病院)
※担当医表の医師は急遽変更なる場合がございます。予めご了承ください。
※土曜日・日曜日・祝日は休診となっております。
※初めて受診される方は【終了時間30分前】までにお越しください。

外国人患者の方へ
当院は外国語によるサポートを行っておりません。日本語の分からない方は、通訳をともなっての受診をお願い致します。

Instructions for International Patients
Ochanomizu Orthopaedic Clinic does not serve language assistance. Patients who don’t understand the Japanese language, please bring a translator with you.